戦後経験を生きる

大門正克, 安田常雄, 天野正子 編

1930年代に始まる日本社会の現代化は、生活を激変させた。戦争の体験と平和への願い、経済大国の光と影、バブル崩壊。時代の影響を受け共通性を帯びた人びとの経験の意味を問い、現在までの日本社会の歴史を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総力戦の時代(戦時下のくらし
  • 戦争と文化
  • 軍隊体験と戦場体験)
  • 2 戦後から現代へ(地域と国民国家
  • くらしの戦後空間-未完の生活革命
  • トライアングル(家族‐学校‐企業)の成立とゆらぎ
  • 教養からサブカルチャーへ
  • 終わらない戦争 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後経験を生きる
著作者等 大門 正克
天野 正子
安田 常雄
書名ヨミ センゴ ケイケン オ イキル
書名別名 Sengo keiken o ikiru
シリーズ名 近現代日本社会の歴史
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2003.12
ページ数 324, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4642079246
NCID BA64631730
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20513651
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想