清水幾太郎 : ある戦後知識人の軌跡

小熊英二 著

平和運動から核武装論へと変転した知識人の軌跡から、戦後社会の変貌を問いなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 スラム街の少年
  • 2 マルクス主義から翼賛へ
  • 3 進歩派への参加と反発
  • 4 「世界の庶民」としての「日本人」
  • 5 平和運動での孤立
  • 6 「喧嘩」としての六〇年安保
  • 7 「日本よ国家たれ」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 清水幾太郎 : ある戦後知識人の軌跡
著作者等 小熊 英二
神奈川大学評論編集専門委員会
書名ヨミ シミズ イクタロウ : アル センゴ チシキジン ノ キセキ
書名別名 Shimizu ikutaro
シリーズ名 神奈川大学評論ブックレット / 神奈川大学評論編集専門委員会 編 26
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2003.11
ページ数 95p
大きさ 21cm
ISBN 4275003020
NCID BA64627303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20546467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想