都市と文明の比較社会学 : 環境・リスク・公共性

藤田弘夫 著

都市は世界の多様性を映し出すひとつの小宇宙である。都市はいくつものメタファーを隠し持っている。本書の特徴の1つは、多様な姿を見せる都市にたいして、主題の設定と分析レベルを大きく異にする4つの視角からアプローチしているところにある。本書は複数の分析視角から、都市のリアリティに4部、全9章によって迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 都市の概念と理論(都市とは何か-7つの都市概念
  • 都市の理論-都市の形成と解体
  • アーバニゼーションの諸相-メトロポリス・メガロポリス・メガシティ)
  • 2 都市文明とリスク社会(都市と国家の歴史社会学-人間・都市・環境
  • 都市と食糧の歴史社会学-なぜ、都市は飢えないのか)
  • 3 日本の都市と公共世界(都市社会と公共性-公民と「私」民のあいだ
  • 都市計画の社会学-日本の街並みは、なぜ雑然としているのか)
  • 4 都市の思想と社会学の発展(都鄙とユートピア-都市主義と「反」都市主義
  • 都市と社会学研究-都市社会学の多系的発展)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市と文明の比較社会学 : 環境・リスク・公共性
著作者等 藤田 弘夫
書名ヨミ トシ ト ブンメイ ノ ヒカク シャカイガク : カンキョウ リスク コウキョウセイ
書名別名 Toshi to bunmei no hikaku shakaigaku
シリーズ名 社会学シリーズ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2003.11
ページ数 306p
大きさ 22cm
ISBN 4130501542
NCID BA64623776
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20532465
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想