丸山眞男書簡集  2(1974-1979)

丸山眞男 著

南原繁の死、プリンストン、バークレー滞在、ロッキード事件、長年の友人であった武田泰淳・森有正・竹内好のあいつぐ死、『戦中と戦後の間』刊行、「思想史の方法を模索して」発表など、本巻には1974‐1979年の173通を収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一九七四(小田耕一郎
  • 西田長寿 ほか)
  • 一九七五(安東仁兵衛
  • 家永三郎 ほか)
  • 一九七六(吉馴明子
  • 掛川トミ子 ほか)
  • 一九七七(家永三郎
  • 木下順二 ほか)
  • 一九七八(浜田琉司
  • 安東仁兵衛 ほか)
  • 一九七九(家永三郎
  • 安光公太郎 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 丸山眞男書簡集
著作者等 丸山 真男
書名ヨミ マルヤマ マサオ ショカンシュウ
書名別名 Maruyama masao shokanshu
巻冊次 2(1974-1979)
出版元 みすず書房
刊行年月 2004.1
ページ数 302p
大きさ 20cm
ISBN 4622081024
NCID BA64617682
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20537939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想