火薬ケミストリー : 化学安全へのアプローチ

長田英世 編著

本書は、火に携わる方々、とくに火の性能を固形化したともいえる火薬類と向かい合うとき、いかに正しく向かい合い、いかに理解して火薬類と対話していくかを目的に執筆したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 火薬学の基礎(分子内酸化還元反応
  • 熱力学による反応性評価
  • 固体物性論による反応性)
  • 2 分解と燃焼(分解反応
  • 発火反応
  • 爆轟概論)
  • 3 火薬と爆薬の反応(黒色火薬
  • ニトロセルロースニトログリセリンの性質
  • ニトログリセリンとニトロセルロースの混合系
  • コンポジット推進薬
  • 硝安を中心とした火薬と爆発
  • 煙火
  • ガス発生剤)
  • 4 化学安全へのアプローチ(ハインリッヒの法則
  • ヒヤリハット
  • 製造現場における保安維持の視点)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 火薬ケミストリー : 化学安全へのアプローチ
著作者等 長田 英世
書名ヨミ カヤク ケミストリー : カガク アンゼン エノ アプローチ
書名別名 Kayaku kemisutori
出版元 丸善
刊行年月 2003.11
ページ数 422p
大きさ 22cm
ISBN 4621072994
NCID BA64607292
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20505981
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想