キリスト教のことが面白いほどわかる本 : この一冊で二千年のドラマがわかる!

鹿嶋春平太 著

羊のシーちゃんと著者の会話形式で、楽しく読んでるうちに、キリスト教の神髄がわかる!著者の経験から、むずかしいキリスト教を、だれにでもわかりやすく解説。キリスト教徒でも気づいていないポイントを、明快に解説した目からウロコの一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ キリスト教って、どんな宗教?-こんなにたくさんの人が信じてる(世界にキリスト教徒はどれくらいいるの?
  • どうしてキリスト教を信じている人が世界でいちばん多いの?)
  • 第1章 イエスが教えていることって、どんなこと?-イエスは人類に究極の癒しをくれた!(イエスの究極的な癒しって、どんなものなの?
  • 霊界って、どんな世界? ほか)
  • 第2章 キリスト教って、どんなふうに成立していったの?-キリスト教の広まりと歴史(イエスの死後、キリスト教はどんなふうに広がっていったの?
  • 信者の急増に合わせて生まれたのが、「家の教会」 ほか)
  • 第3章 イエスの教えの核心って?-キリスト教の宗派はどうして戦争するの?(「地の塩、世の光」になれれば、戦争は起こらない
  • 「地の塩、世の光」理解のキーワードは、「いのちエネルギー」! ほか)
  • 第4章 イギリスとアメリカで展開したこと-宗教改革後にやってきた、革命の時代(プロテスタント国家ができたら、聖書主義者たちも安泰?
  • イギリスの自由な風土が、聖書主義者たちを受け入れた ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キリスト教のことが面白いほどわかる本 : この一冊で二千年のドラマがわかる!
著作者等 鹿嶋 春平太
書名ヨミ キリストキョウ ノ コト ガ オモシロイホド ワカル ホン : コノ イッサツ デ ニセンネン ノ ドラマ ガ ワカル
書名別名 Understanding Christianity:a new guide
出版元 中経
刊行年月 2003.11
ページ数 367p
大きさ 21cm
ISBN 4806118931
NCID BA64589565
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20509932
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想