口述刑法総論

中山研一 著

高度に複雑化している教科書や講義を初学者が理解出来るように、「やさしく解説」する。講末に「自習問題」を掲げ理解度をチェック。法学部一年生、ロースクール未履修者必携の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 犯罪論(犯罪論の体系
  • 行為論
  • 構成要件論
  • 違法性論
  • 責任論
  • 未遂犯論
  • 共犯論
  • 罪数論)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 刑法の意義と役割
  • 犯罪の基礎的問題
  • 刑罰の基礎的問題
  • 罪刑法定主義と刑法の効力
  • 犯罪論の体系
  • 行為と構成要件
  • 因果関係
  • 不作為犯
  • 違法性論の意義と機能
  • 可罰的違法性と違法の統一性・相対性〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 口述刑法総論
著作者等 中山 研一
書名ヨミ コウジュツ ケイホウ ソウロン
書名別名 Kojutsu keiho soron
シリーズ名 口述法律学シリーズ
出版元 成文堂
刊行年月 1983.10
版表示 第2版.
ページ数 524, 21p
大きさ 22cm
ISBN 4792316294
NCID BA64585757
BA71327274
BA82382296
BN01153465
BN10066146
BN11081418
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
84011243
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想