意味論 : 動的意味論

中村捷 著

意味論を動的なものとして捉える動的意味論を提案し、意味の合成、組み替え、埋め込みなどの動的意味操作によって、結果構文、中間構文、補文構造、推論規則の諸特徴を説明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 動的意味論
  • 第2章 意味の埋め込み構造
  • 第3章 意味と非対格性
  • 第4章 意味合成と結果構文
  • 第5章 意味の受動化-中間構文
  • 第6章 補文動詞の意味構造
  • 第7章 不定詞補文動詞の意味構造と推論規則

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 意味論 : 動的意味論
著作者等 中村 捷
書名ヨミ イミロン : ドウテキ イミロン
書名別名 Imiron
シリーズ名 現代の英語学シリーズ / 安井稔 監修 第6巻
出版元 開拓社
刊行年月 2003.11
ページ数 276p
大きさ 21cm
ISBN 475890216X
NCID BA64537200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20635780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想