日本史快刀乱麻

明石散人 著

歴史、政治、美術に、物理…、あらゆる分野にわたって博覧強記、また独自の視点から、常識・既存の枠組みを打ち破る"新説"を繰り出し、鮮やかに実証する。知る人ぞ知る「築地の怪人」が、大胆不適に定説をひっくり返す-。『古事記』の語り部は自閉症、宮本武蔵は真言密教の行者だった、「日の丸」は国旗にあらず、アメリカの金融政策は江戸時代に倣ったもの等々、奇想天外に展開する歴史・蘊蓄話集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 誤用と誤解だらけの「定説」(将棋が語る「寝返り」文化
  • 「キラキラ」は輝かない光のこと ほか)
  • 第2章 隠された「素顔」(「古事記」の語り部はイディオ・サバン症候群
  • 宮本武蔵は真言密教の行者だった ほか)
  • 第3章 改めて驚く日本人の「知恵」(世界最先端、江戸期の通貨政策
  • 日本語誕生の秘密は「和歌」 ほか)
  • 第4章 現在でも知らずに根付く「粋」(なぜ「紅白」はおめでたいのか
  • 「視えないもの」を視る日本の文化 ほか)
  • 終章 定説の裏側から見えてくるもの(「公平」と「平等」の違い)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本史快刀乱麻
著作者等 明石 散人
書名ヨミ ニホンシ カイトウ ランマ
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2003.11
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 410610041X
NCID BA64500798
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20520811
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想