明治維新と西洋文明

田中彰 著

男女の風俗、議会、工場、公園に博物館-明治初年、近代化の課題を背負って二年近い欧米視察の旅を続けた「岩倉使節団」にとって、西洋文明との出合いは衝撃の連続だった。その公的な報告書である『米欧回覧実記』を丹念に読み解き、「大国」への道を選んだ近代日本がその経験から何を受け止め、何を排除していったのかを浮き彫りにする。アンコール復刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 明治維新と『米欧回覧実記』
  • 2 西洋文明との出合い
  • 3 政治と教育
  • 4 資本主義のシステム
  • 5 社会への視点
  • 6 科学と文化
  • 7 『米欧回覧実記』と『文明論之概略』-蒲安臣使節団ならびに中江兆民とも関連して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治維新と西洋文明
著作者等 田中 彰
書名ヨミ メイジ イシン ト セイヨウ ブンメイ : イワクラ シセツダン ワ ナニ オ ミタカ
書名別名 岩倉使節団は何を見たか
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.11
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 4004308623
NCID BA64475136
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20535756
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想