逸脱と医療化

P.コンラッド, J.W.シュナイダー 著 ; 進藤雄三 監訳 ; 杉田聡, 近藤正英 訳

本書は、「医療化」論、「逸脱の医療化」論に関する社会学の現代的古典というべき著作。逸脱論の医療化現象への応用編という性格をもち、よりマクロな現象との関連も分析している。ここで取り扱われる「医療化」の諸現象は、現在の日本においても明確に観察可能かつ、次第にその重要性を増しつつある現象である。とくに社会問題化している児童・青年の教育・犯罪現象、ならびに「精神鑑定」における「責任」の問題を考える上でも、基礎的なデータ・分析が提供されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 逸脱、逸脱定義、医療専門職
  • 第2章 悪から病いへ-逸脱認定の変化と社会統制
  • 第3章 狂気の医療モデル-精神病の出現
  • 第4章 アルコール依存症-酒浸り、飲酒癖、疾病概念
  • 第5章 アヘン嗜癖-医療的関与の盛衰
  • 第6章 子供と医療化-非行、多動症、児童虐待
  • 第7章 同性愛-罪から病いそしてライフ・スタイルへ
  • 第8章 医療と犯罪-生来性犯罪者の探索と犯罪に対する医療的統制(R.モラン)
  • 第9章 社会統制装置としての医療-社会への帰結
  • 第10章 逸脱の医療化に関する理論的言明
  • 後記 逸脱と医療化-10年後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逸脱と医療化
著作者等 Conrad, Peter
Schneider, Joseph W
杉田 聡
近藤 正英
進藤 雄三
シュナイダー ジョゼフ・W.
コンラッド ピーター
書名ヨミ イツダツ ト イリョウカ : アク カラ ヤマイ エ
書名別名 Deviance and medicalization. (Expanded ed.)

悪から病いへ
シリーズ名 Minerva社会学叢書 23
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2003.11
ページ数 587p
大きさ 22cm
ISBN 4623038106
NCID BA64471645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20510248
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想