阿弥陀聖空也 : 念仏を始めた平安僧

石井義長 著

いかなる凡夫愚人も、ただ「南無阿弥陀仏」と唱えるだけで極楽往生できる-。法然の浄土宗より二〇〇年の昔、ただ一人市中に遊行し、この「一念往生」の思想を実践した空也。「捨ててこそ」の一念に貫かれた彼の思想と行動、その本質とは。浄土教の歴史を塗り替える、初の本格的「空也」伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 念仏の祖師の開いた安心の道
  • 2 謎の出生と遍歴修行
  • 3 阿弥陀聖の念仏唱導
  • 4 東山道場の仏事
  • 5 入滅とその後
  • 6 心に所縁なし-空也念仏の風光とその思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 阿弥陀聖空也 : 念仏を始めた平安僧
著作者等 石井 義長
書名ヨミ アミダ ヒジリ クウヤ : ネンブツ オ ハジメタ ヘイアンソウ
書名別名 Amida hijiri kuya
シリーズ名 講談社選書メチエ 285
出版元 講談社
刊行年月 2003.11
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 4062582856
NCID BA64456040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20507776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想