有明海はなぜ荒廃したのか : 諫早干拓かノリ養殖か

江刺洋司 著

「生物多様性保全条約」を起草した環境科学の国際的第一人者が、政・官・業界・マスコミ・学界一体の驚くべき真相を抉り、対応策を緊急提言。生命活動の基本を見すえた、「海のいのちをめぐる一般理論」から、いま、有明海のみならず全国の海で起こっている事態に警鐘を鳴らす問題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 有明海荒廃の真因はノリの養殖法にあった(民主的立法を阻害する「委員会・審議会」制度
  • 科学的分析力を欠く水産庁選定の第三者委員会 ほか)
  • 第2章 ノリの不作と有機酸処理の深い関係(第三者委員会における第一回会議での酸処理剤検討がその後を決めた
  • 干潟の機能の正しい理解こそが希少生物の絶滅を防ぐ ほか)
  • 第3章 生物の生きる仕組みから考える有明海問題-有明海を死に追いやる硫化水素(諌早干拓開始のはるか以前にさかのぼる有明海荒廃の序曲
  • 有明海に生きる動物を死に追い込んだ真の原因は硫化水素であった ほか)
  • 終章(マスコミと有明海問題
  • 有明海疲弊のシナリオ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 有明海はなぜ荒廃したのか : 諫早干拓かノリ養殖か
著作者等 江刺 洋司
書名ヨミ アリアケカイ ワ ナゼ コウハイシタノカ : イサハヤ カンタク カ ノリ ヨウショク カ
出版元 藤原書店
刊行年月 2003.11
ページ数 269p
大きさ 19cm
ISBN 4894343649
NCID BA64410414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20512617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想