企業紐帯と業績の研究 : 組織間関係の理論と実証

境新一 著

企業の持続可能な成長に重要な役割を果たす組織間関係に注目し、「企業紐帯」と新たに定義した上で、戦略を媒介とする紐帯と業績の関係について、理論と実証の両面から解面する。統計・グラフ等の数理科学的な方法を駆使して、日本と外資、製造業・金融業・流通業の各業種に属する個別企業グループの事例比較も加えた著者10年に及ぶ研究の成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論(分析視点と分析方法
  • 企業グループにおける紐帯と業績)
  • 2 各論(日本の30企業グループにおける紐帯と業績
  • 製造業グループの紐帯と業績-東芝と日立製作所
  • 金融業グループの紐帯と業績-興銀と長銀における海外拠点 ほか)
  • 3 総括(結論と展望)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業紐帯と業績の研究 : 組織間関係の理論と実証
著作者等 境 新一
書名ヨミ キギョウ チュウタイ ト ギョウセキ ノ ケンキュウ : ソシキカン カンケイ ノ リロン ト ジッショウ
出版元 文眞堂
刊行年月 2003.10
版表示 第2刷
ページ数 248p
大きさ 22cm
ISBN 4830944676
NCID BA64406100
BB00539269
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20507734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想