皮膚損傷のプライマリケア

大塚壽 著

米国では、病院によっては、外科系救急患者の半分近くは形成外科医、または、形成外科的縫合手技のトレーニングを受けた医師が取り扱うとされる。わが国でもやがてそうなるであろうと推定する。対象疾患で多いのは、皮膚(軟部組織)損傷である。したがって、皮膚損傷を正しく扱える技量が要求される。第1部では初期治療のプリンシプルを、第2部では形成外科の基本を中心に記述した。ありきたりの教科書的な記述は少なくし、著者の30年余に渡る治療経験から実際に役立つものを多くした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 皮膚損傷修復のプリンシプル(一般外傷
  • 顔面外傷
  • 熱傷
  • しもやけ(凍瘡)、凍傷
  • 肥厚性瘢痕、ケロイド ほか)
  • 第2部 形成外科的治療を初歩から学ぶ方のために(器具と縫合材料
  • 麻酔法、無血野手術法
  • 手術方針の立てかた
  • 皮膚切開と縫合法
  • 植皮、植皮術、遊離植皮術 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 皮膚損傷のプライマリケア
著作者等 大塚 壽
大塚 寿
書名ヨミ ヒフ ソンショウ ノ プライマリ ケア
書名別名 Hifu sonsho no puraimari kea
出版元 文光堂
刊行年月 2003.10
ページ数 122p
大きさ 27cm
ISBN 4830626135
NCID BA64400909
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20514505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想