社会環境会計論 : 社会と地球環境への会計アプローチ

向山敦夫 著

企業と社会との関係を捕捉する領域は「社会関連会計」と呼ばれている。「環境会計」はその重要な一領域であるが、最近ではその部分が広がりをみせている。本書のねらいは、1970年代の社会関連会計から1990年代の環境会計へと続く流れの中で、企業と社会との関係を会計という視点からとらえることである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 社会関連会計の史的展開(社会関連会計の展開
  • Sozialberichtの意義
  • 成果概念の検討-BetriebsertragとWertsch¨opfungに関連して ほか)
  • 第2部 社会環境情報開示の論理(アカウンタビリティ概念の検討
  • 社会的アカウンタビリティへの拡張可能性
  • 正統性とアカウンタビリティ)
  • 第3部 環境情報開示の実務(環境負債の認識と測定
  • 環境会計ガイドラインとコスト・効果の測定
  • 社会的規制としての環境情報開示 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会環境会計論 : 社会と地球環境への会計アプローチ
著作者等 向山 敦夫
書名ヨミ シャカイ カンキョウ カイケイ ロン : シャカイ ト チキュウ カンキョウ エノ カイケイ アプローチ
書名別名 Shakai kankyo kaikei ron
出版元 白桃書房
刊行年月 2003.10
ページ数 239p
大きさ 22cm
ISBN 4561361324
NCID BA64372348
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20507729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想