江戸幕末滞在記 : 若き海軍士官の見た日本

E.スエンソン 著 ; 長島要一 訳

王政復古直前に来日したデンマーク人が、フランス公使ロッシュの近辺で見聞した貴重な体験を綴る。将軍慶喜との謁見の模様やその舞台裏、横浜の大火、テロに対する緊迫した町の様子、また、日本人のきれい好きから悪習や弱点までも指摘。旺盛な好奇心、清新な感性、鋭い観察眼と洞察力。若き海軍士官が幕末日本の姿を鋭く鮮やかに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本へ
  • 横浜(本町
  • 岩亀楼
  • 横浜から下関へ
  • 日本人とその社会
  • 朝鮮よりふたたび横浜へ)
  • 兵庫への旅
  • 大坂訪問 日本の宗教
  • 大坂滞在 大君謁見、日本の演劇
  • 大君の宮廷

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸幕末滞在記 : 若き海軍士官の見た日本
著作者等 Suenson, Edouard
長島 要一
スエンソン エドゥアルド
書名ヨミ エド バクマツ タイザイキ : ワカキ カイグン シカン ノ ミタ ニホン
書名別名 Skitserfra Japan

Edo bakumatsu taizaiki
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2003.11
ページ数 277p
大きさ 15cm
ISBN 406159625X
NCID BA64337879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20504442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 デンマーク語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想