「魔」の世界

那谷敏郎 著

人間が人間となって以来、自らの想像力によって生み続けた闇の住人-「魔」たち。ギルガメッシュ、メドゥーサ、サタンから鬼子母神、龍、座敷童子まで。浩瀚な文献渉猟と精力的な現地調査により、古今東西を跳梁する膨大な超自然的存在たちがここに集められた。その風貌、性格、能力を通し、彼らを生んだ風土、社会、民族の差異を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ナッツ(精霊)の国で
  • 魔の創始、魔の定義
  • 化生のものの運命
  • エジプトのヘビ、中国のトラ
  • 蛇=龍族の威勢
  • 龍の階層化と発展形
  • 怪鳥怪魚
  • 自然現象の魔化
  • 陰怪、陽怪〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「魔」の世界
著作者等 那谷 敏郎
書名ヨミ マ ノ セカイ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2003.11
ページ数 297p
大きさ 15cm
ISBN 4061596241
NCID BA64337391
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20504444
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想