石橋湛山の戦後 : 引き継がれゆく小日本主義

姜克實 著

時代を鋭く見通した湛山から、いま我々は何を学ぶべきか。戦後を代表する知性をリアルに描き出した労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 小日本主義の再建構想-敗戦から政界入りまで(横手における湛山の戦後
  • 政策への提言 ほか)
  • 第2章 大蔵大臣(政界入り
  • 大臣就任にいたるまで ほか)
  • 第3章 公職追放期の日々(訴願活動(一九四七年五月〜一〇月)
  • 東京裁判の反証人 ほか)
  • 第4章 戦後初期の石橋湛山思想(戦前と戦後の接点
  • 「秩序」への転回-湛山の自由主義と思想哲学 ほか)
  • 第5章 総理大臣への道(八〇〇〇万人の生きる途-湛山の経済構想
  • 理想に生きる国際関係論 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石橋湛山の戦後 : 引き継がれゆく小日本主義
著作者等 姜 克実
書名ヨミ イシバシ タンザン ノ センゴ : ヒキツガレユク ショウニホン シュギ
書名別名 Ishibashi tanzan no sengo
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2003.11
ページ数 380, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4492061355
NCID BA64317281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20497685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想