メソポタミアの王・神・世界観 : シュメール人の王権観

前田徹 著

都市国家から統一国家へ、王権観の変遷をたどり神々とともに生きたシュメール人の心性を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 シュメール王権の発展
  • 第2章 都市国家分立期
  • 第3章 領域国家期
  • 第4章 統一国家形成期
  • 第5章 統一国家確立期
  • 第6章 シュメールの王権と社会正義
  • 第7章 シュメールの宇宙観
  • 第8章 シュメールの自然観
  • 第9章 シュメールの過去の見方
  • 第10章 シュメールの神々
  • 第11章 シュメール史に対する二つの偏見

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メソポタミアの王・神・世界観 : シュメール人の王権観
著作者等 前田 徹
書名ヨミ メソポタミア ノ オウ カミ セカイカン : シュメールジン ノ オウケンカン
出版元 山川出版社
刊行年月 2003.10
ページ数 182, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4634649004
NCID BA64289120
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20500114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想