インカ国家の形成と崩壊

マリア・ロストウォロフスキ・デ・ディエス・カンセコ 著 ; 増田義郎 訳

ヨーロッパやアジア等の旧世界ともアメリカ文明とも隔絶した環境で、まったく自力で、世界で最も独創的な文明世界を創出したアンデスの人びとの歴史を、ペルー歴史学界の長老が、政治・社会・経済のあらゆる側面から描いた労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 国家の誕生と拡大(初期クスコ
  • インカ発展の開始
  • 拡大と発展
  • 征服
  • 継承と共治)
  • 第2部 組織の諸側面(タワンティンスーユの社会構成
  • タワンティンスーユの有益な資源
  • 経済の模式)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インカ国家の形成と崩壊
著作者等 Rostworowski de Diez Canseco, Maria
Rostworowski de Diez Canseco, María
増田 義郎
Instituto de Estudios Peruanos
Rostworowski De Diez Canseco Mar'ia
ロストウォロフスキ・デ・ディエス・カンセコ マリア
書名ヨミ インカ コッカ ノ ケイセイ ト ホウカイ
書名別名 Historia del Tahuantinsuyu
出版元 東洋書林
刊行年月 2003.10
ページ数 360p
大きさ 21cm
ISBN 4887216416
NCID BA64281071
BA8067479X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20510175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想