インセンティブの経済学

清水克俊, 堀内昭義 著

人々の行動の背景に存在するインセンティブは、人々の選択行動を通じて、経済や社会の有り様に大きな影響を与えている。本書は『インセンティブ問題』の持つ重要性を、「エンロンの破綻」「不良債権問題」「ストックオプション」「高速道路建設」「地域開発と国会議員」「官僚の天下り」「継続的取引」等々の事例を通じて、読者に教えてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 プロローグ:インセンティブ問題とは何か
  • 第2章 「隠された行動」の問題
  • 第3章 「隠された情報」の問題
  • 第4章 インセンティブを考慮した契約、ルール
  • 第5章 コミットメント、再交渉、完備契約
  • 第6章 「隠された情報」にどう対応すべきか
  • 第7章 メカニズム・デザインの初歩
  • 第8章 所有権と不完備契約
  • 第9章 所有権と企業:コーポレート・ガバナンス入門
  • 第10章 エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インセンティブの経済学
著作者等 堀内 昭義
清水 克俊
書名ヨミ インセンティブ ノ ケイザイガク
書名別名 Economics of incentive problems

Insentibu no keizaigaku
出版元 有斐閣
刊行年月 2003.10
ページ数 321p
大きさ 22cm
ISBN 4641161917
NCID BA64191831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20510185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想