西洋と日本 : 言葉、理論、思想、方法論の相違について

赤松宏 著

日本人と西洋人の発想の相違を明らかにする。最近の日本論、日本人論を手がかりに、問答、言葉、法律、規則、理論、思想、方法論などについて作業仮説を設定することによって実証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 問答の問題
  • 言葉の問題
  • 日本と西洋における法意識の相違-川島武宣
  • 日本と西洋における契約観の相違
  • 日本語を手がかりにした日本論の展開-森有正
  • 「タテ社会」日本の分析-中根千枝
  • 相対的価値観の根底にあるもの-「人と人との間にある何か」
  • 「日本教」と人間概念-山本七平
  • 無心、無我とes体験
  • 心情の純化、徹底化としての日本的倫理-相良亨
  • 日本社会における序列関係と言葉-鈴木孝夫
  • 精神分析学的日本論の展開-河合隼雄と小此木啓吾
  • 方法論の問題-三島由紀夫
  • 思想の問題-丸山真男
  • 東洋医学と西洋医学
  • 今後の課題と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西洋と日本 : 言葉、理論、思想、方法論の相違について
著作者等 赤松 宏
書名ヨミ セイヨウ ト ニホン : コトバ リロン シソウ ホウホウロン ノ ソウイ ニ ツイテ
出版元 晃洋書房
刊行年月 2003.10
版表示 増補版.
ページ数 223p
大きさ 20cm
ISBN 4771014930
NCID BA64175879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20515524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想