視覚シンボルの心理学

清水寛之 編著

視覚シンボルを認知、記憶、発達、社会などさまざまな角度から、心理学的に分析。これからの視覚シンボルについて考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 視覚シンボルの基礎と応用(シンボルの意味と機能
  • 視覚シンボルの認知-PICシンボルの視知覚特性
  • 視覚シンボルの利用の現状と展望
  • 視覚シンボルと現代社会)
  • 第2部 視覚シンボルの評価と研究利用(視覚シンボルの評価-PICシンボルの意味明瞭度と日常重要度
  • 視覚シンボルと発達-PICシンボルの適用年齢
  • PICシンボルの情報処理と大脳半球機能差
  • 視覚シンボルと記憶-PICシンボルを用いた記憶実験)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 視覚シンボルの心理学
著作者等 清水 寛之
書名ヨミ シカク シンボル ノ シンリガク
書名別名 Psychology of visual symbols
出版元 ブレーン
刊行年月 2003.10
ページ数 210p
大きさ 21cm
ISBN 4892427209
NCID BA64172586
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20600847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想