ハンブルク演劇論

G.E.レッシング 著 ; 南大路振一 訳

アリストテレス以降のヨーロッパ演劇の本質を探るレッシングの代表作。最新の研究成果を踏まえ、充実した注と解説を付す。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハンブルク演劇論
著作者等 Lessing, Gotthold Ephraim
南大路 振一
レッシング G.E.
書名ヨミ ハンブルク エンゲキロン
書名別名 Hamburgische Dramaturgie
出版元 鳥影社・ロゴス企画部
刊行年月 2003.10
ページ数 663p
大きさ 22cm
ISBN 4886297765
NCID BA64166029
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20611978
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想