道徳回帰とモダニティ : デュルケームからハバーマス-ルーマンへ

三上剛史 著

遺伝子操作や環境問題、グローバル化などの、まったく新しい問題群と直面せざるをえないわれわれが目指すべきことは、近代の成果を基礎にしたうえでの近代批判であり、解決困難な問題を「前近代」に投げ込んで宗教や共同体に回帰したり、「心」や「人間性」などの、それ自身が近代精神の産物であるような実体化された言葉の操作で誤魔化したりすることではないはずである。現代のような時代であるからこそ、道徳に可能なこととそうでないこととの区別を明確にし、道徳という概念が引きずっている枷から社会と人間を解き放つことが求められねばならない。これはまた、現代社会の中で道徳の場所をそれにふさわしい形で確保することでもある。本書ではこのような理論的営みを、デュルケームからユルゲン・ハバーマスとニクラス・ルーマンへという方向を念頭に置いたうえで幾つかの角度から考察し、道徳の持つ可能性について検討を加えたい。本書の課題は、「社会は道徳的存在である」という前提を疑うことにある。全体は三部構成になっており、第一部では道徳を、第二部では公共性を、第三部では社会理論の規範主義的理論構成を扱う。三つの部分はそれぞれ相対的に独立したまとまりを持った論考であるが、全体の主題は「道徳」である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 道徳論の社会学的地平とモダニティ(道徳回帰の理論的布置
  • 道徳論のルーマンとハバーマス
  • 道徳論の地平と近代)
  • 第2部 公共性の理論と構造(公共性概念とモダニティ
  • 公共性論の構図と共同性)
  • 第3部 社会学と規範主義的理論構成(デュルケームからパーソンズを経てハバーマスとルーマンへ
  • 「大きな物語」なき後の社会学とシステム理論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道徳回帰とモダニティ : デュルケームからハバーマス-ルーマンへ
著作者等 三上 剛史
書名ヨミ ドウトク カイキ ト モダニティ : デュルケーム カラ ハバーマス - ルーマン エ
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 2003.10
ページ数 204p
大きさ 22cm
ISBN 4769909896
NCID BA64110782
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20494680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想