病院なんか嫌いだ : 「良医」にめぐりあうための10箇条

鎌田實 著

なぜ病院は、重篤患者を途中で放りだしてしまうのか。また、患部を治療するだけではなく、患者の心とからだ全体を見守ってくれる「良医」にめぐりあうコツとは-。諏訪中央病院で三十年にわたって地域医療に携わってきた鎌田流の医療哲学は、医療従事者にも患者にも、示唆に富むものである。厚生労働大臣との対話をはじめ、医療界への重要な提言に満ちた本書は、病気や介護に苦しむすべての人たちへの、具体的なアドバイスも満載、日本の医療や福祉の問題のツボがよくわかる内容になっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の医療はやさしいか
  • 第2章 良医にめぐりあうための10箇条
  • 第3章 あたたかな医療システムをつくりたい
  • 第4章 だれだって、いつか死ぬ
  • 第5章 地域で命を支えるために
  • 第6章 つながる医療が大切
  • 第7章 開かれた医療をめざして
  • 第8章 地域を健康にする医療
  • 第9章 知的でしたたかで賢い患者の10箇条

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病院なんか嫌いだ : 「良医」にめぐりあうための10箇条
著作者等 鎌田 実
書名ヨミ ビョウイン ナンカ キライダ : リョウイ ニ メグリアウ タメノ 10カジョウ
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2003.10
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4087202143
NCID BA64063547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20514435
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想