「野生」の誕生 : 未開イメージの歴史

スチュアート・ヘンリ 編

「近代」の逆像としての「野生」。そのイメージをめぐる物語をたどり、新しい自他関係の礎を探る。多様な執筆陣による超域的な疑論の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「野生」をめぐるイメージの虚実
  • 第1章 野生と野性の誕生-古代から18世紀まで
  • 第2章 石器時代人としてのサンの表象について-映像、観光、博物館展示
  • 第3章 野性の残像-過去をめぐるイデオロギーの磁場
  • 第4章 狩猟採集社会の思考モード
  • 第5章 都市的部族の胎動-土地権制度と都市のアボリジニ
  • 第6章 カントリーの生命を維持するために-牧場開発とアボリジニ
  • 第7章 野性の思考の可能性-イヌイトの他者表象にみるブリコラージュの秩序
  • 第8章 「野生」の他者化を回避するために-ノスタルジアとアンビヴァレンス
  • 第9章 野性から未開へ-19世紀以降の未開観念

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「野生」の誕生 : 未開イメージの歴史
著作者等 Stewart, Henry
ヘンリ スチュアート
書名ヨミ ヤセイ ノ タンジョウ : ミカイ イメージ ノ レキシ
書名別名 Yasei no tanjo
出版元 世界思想社
刊行年月 2003.10
ページ数 280p
大きさ 19cm
ISBN 4790710114
NCID BA64054626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20500374
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想