犠牲と羨望 : 自由主義社会における正義の問題

ジャン=ピエール・デュピュイ 著 ; 米山親能, 泉谷安規 訳

市場型競争社会において"社会正義"とはなにか-スミス、ケインズからハイエク、ロールズ、ノージックに至る正義論を厳密に検討し、自由主義社会における正義の問題が犠牲の拒否と羨望の排除の問題に収斂することを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自由な個人、この未知なるもの
  • 第2章 規範経済学、あるいは科学的倫理学の探究
  • 第3章 アダム・スミスと羨望の入り混じった共感
  • 第4章 ジョン・ロールズ、功利主義と犠牲の問題
  • 第5章 ジョン・ロールズ、恣意性の拒否とその限界
  • 第6章 見出しえない社会正義
  • 第7章 ロバート・ノージックと純粋な手続きの上の正義
  • 第8章 フリードリッヒ・ハイエク、あるいは社会の複雑性に埋もれた正義
  • 第9章 ロバート・・ノージック、あるいは悪の政治経済学
  • 第10章 政治経済学、あるいは群衆の抑圧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犠牲と羨望 : 自由主義社会における正義の問題
著作者等 Dupuy, Jean Pierre
泉谷 安規
米山 親能
Dupuy Jean‐Pierre
デュピュイ ジャン=ピエール
書名ヨミ ギセイ ト センボウ : ジユウ シュギ シャカイ ニ オケル セイギ ノ モンダイ
書名別名 Le sacrifice et l'envie
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 759
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2003.10
ページ数 510p
大きさ 20cm
ISBN 4588007599
NCID BA64045319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20530437
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想