時間の分子生物学 : 時計と睡眠の遺伝子

粂和彦 著

なぜ午前中は時間の進みが速く感じられるのか。人間、草木、細菌までが持っている生物時計-その驚異の全貌を明かして、「なぜ眠るのか」という睡眠の謎に挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 なぜ生物時計があるのか
  • 2章 脳の中の振り子
  • 3章 生物時計の部品の発見
  • 4章 分子生物学が明かした驚異のしくみ
  • 5章 不眠症のハエから睡眠遺伝子を探る
  • 6章 睡眠の謎
  • 7章 生物時計は睡眠をどう制御しているか
  • 8章 睡眠研究の突破口-ナルコレプシー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時間の分子生物学 : 時計と睡眠の遺伝子
著作者等 粂 和彦
書名ヨミ ジカン ノ ブンシ セイブツガク : トケイ ト スイミン ノ イデンシ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2003.10
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4061496891
NCID BA64043925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20492477
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想