謎の哲学者ピュタゴラス

左近司祥子 著

三平方定理の発見者とされるピュタゴラス。数々の奇行が伝えられる哲学者は、イタリア半島南端に秘密の教団を主宰し、「数は万物の原理である」ことを看破した。プラトン、アリストテレスに刺激を与え、哲学の地下水脈となった謎の思考に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ギリシャでいちばんユニークだった哲学者(古代ギリシャの哲学者群
  • エンペドクレスの活躍 ほか)
  • 第2章 同時代人の見たピュタゴラス(ピュタゴラスと「ピュタゴラスの定理」
  • 同時代人の証言 ほか)
  • 第3章 ピュタゴラスをソクラテスに語らせるプラトン(プラトンの描くソクラテスの変節
  • ピュタゴラス的言葉を使って語るソクラテス ほか)
  • 第4章 アリストテレスが映した奇行と奇妙な戒律(アリストテレスとピュタゴラス
  • プラトン説に反論するアリストテレス ほか)
  • 第5章 思考の地下水脈となったピュタゴラス(プラトンからプロティノスへ
  • プロティノスの魂論 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 謎の哲学者ピュタゴラス
著作者等 左近司 祥子
書名ヨミ ナゾ ノ テツガクシャ ピュタゴラス
書名別名 Nazo no tetsugakusha pyutagorasu
シリーズ名 講談社選書メチエ 280
出版元 講談社
刊行年月 2003.10
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4062582805
NCID BA63990647
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20489945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想