江戸お留守居役の日記 : 寛永期の萩藩邸

山本博文 著

時代は江戸初期。江戸藩邸に詰めて幕府・諸藩との折衝にあたった萩藩江戸留守居役、福間彦右衛門の日記『公儀所日乗』。そこには二千人の藩士が暮らす藩邸の生活の様子や留守居役の実像が細かく記されている。由井正雪の乱や支藩との対立など、迫りくる危機を彼らはどのように乗り越えたのか。第一級史料が描き出す、藩の命運を賭け奮闘する外交官の姿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 福間彦右衛門の登場
  • 第1章 お留守居役と幕閣・旗本
  • 第2章 支藩との対立
  • 第3章 萩藩の江戸屋敷
  • 第4章 他藩との交渉
  • 第5章 町人と江戸藩邸
  • 第6章 御家のために
  • 第7章 二つの代替わり
  • エピローグ 彦右衛門の引退

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸お留守居役の日記 : 寛永期の萩藩邸
著作者等 山本 博文
書名ヨミ エド オルスイヤク ノ ニッキ : カンエイキ ノ ハギハンテイ
書名別名 Edo orusuiyaku no nikki
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2003.10
ページ数 373p
大きさ 15cm
ISBN 4061596209
NCID BA63941197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20483668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想