『嵐が丘』を読む

中岡洋 編著

[目次]

  • 第1章 『嵐が丘』は誰が書いたか
  • 第2章 『嵐が丘』はどう読まれてきたか-批評小史
  • 第3章 『嵐が丘』のモデル
  • 第4章 「ゴンダル」から『嵐が丘』へ
  • 第5章 『嵐が丘』におけるキリスト教
  • 第6章 『嵐が丘』の起源-伝統のなかの『嵐が丘』
  • 第7章 『嵐が丘』の語り手
  • 第8章 『嵐が丘』における語りの技法
  • 第9章 『嵐が丘』における二つの時間
  • 第10章 『嵐が丘』を読む-テクストと読者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『嵐が丘』を読む
著作者等 中岡 洋
増田 恵子
杉村 藍
澤田 真弓
芦沢 久江
書名ヨミ アラシガオカ オ ヨム
書名別名 Arashigaoka o yomu
シリーズ名 嵐が丘
出版元 開文社
刊行年月 2003.10
ページ数 444p
大きさ 20cm
ISBN 4875719728
NCID BA63933494
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20575558
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想