家族援助論 : 子育てを支える社会構築

名倉啓太郎 監修 ; 金田昭三, 松川秀夫 編著

今日、保護者による乳幼児への虐待や保護者自身の育児ノイローゼ、さらに保護者自身の成長期におけるいじめの影響からくる養育困難といった、乳幼児の健全育成に妨げとなる社会的な状況が問題となっている。そのような事態を受け、平成13年9月7日に指定保育士養成施設の修業教科目および単位数、ならびに履修方法の改訂が行われ、保育士養成校の必修科目に「家族援助論(講義)」が入った。本書は保育士を目指して「家族援助論」を学ぶ学生のために企画されたテキストであるが、広く保育者として活躍している方々や子育て支援に役立ちたいと考えている方々にも、学びの一助になれるよう書かれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 子育て(子育ち)支援とは何か
  • 2章 家族をとりまく社会的状況
  • 3章 家族とは何か
  • 4章 今日における家族関係
  • 5章 子育て支援の活動事例
  • 6章 子育て支援の内容
  • 7章 地域における子育て支援体制
  • 8章 子育て支援の法令および行政的施策の展開
  • 終章 家族と子育ての将来をさぐる-課題と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族援助論 : 子育てを支える社会構築
著作者等 名倉 啓太郎
太田 光洋
松川 秀夫
金田 昭三
中山 美知子
梶浦 真由美
渡辺 千恵子
渡邊 千恵子
田嶋 愛子
大塚 健樹
書名ヨミ カゾク エンジョ ロン : コソダテ オ ササエル シャカイ コウチク
出版元 同文書院
刊行年月 2003.5
ページ数 176p
大きさ 26cm
ISBN 4810312798
NCID BA63907122
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20561618
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想