経済大転換 : 反デフレ・反バブルの政策学

金子勝 著

イラク戦争以後、アメリカの一国決定主義がますます突出し、世界は「分裂と不安定の時代」に入っている。一方、経済状況をみると、当分の間、世界同時デフレから抜け出せそうにない。それに苛立つかのように、日本国内ではバブル待望論が絶えないが、アメリカの景気頼みの日本経済回復シナリオは非常に危うい。むしろ地方へとデフレが波及し、さらに深刻化していくおそれがある。もはや古い時代の発想は通用しない。思考および政策の大転換が必要だ。日本経済の位相を確かな目でとらえる、『セーフティーネットの政治経済学』『長期停滞』に続く、三部作の完結篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 分裂の時代へ
  • 第1章 バブルをつなぐ経済
  • 第2章 「グローバルスタンダード」がもたらすデフレ圧力-市場と制度のフィードバック関係
  • 第3章 不良債権と企業再生
  • 第4章 財政崩壊と増税の悪循環
  • 第5章 日本型インナーシティ問題と地方分権
  • 終章 反デフレ・反バブルの政策へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済大転換 : 反デフレ・反バブルの政策学
著作者等 金子 勝
書名ヨミ ケイザイ ダイテンカン : ハンデフレ ハンバブル ノ セイサクガク
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.10
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4480061398
NCID BA63829459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20502677
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想