分子膜ってなんだろう : シャボン玉から細胞膜まで

齋藤勝裕 著

分子膜は細胞膜のモデルと考えられることから、分子膜の研究は化学、生物学、医学、いろいろの分野から注目を浴びている。本書では分子膜の生い立ち、構造、性質、機能をできるだけわかりやすく解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 集合する分子
  • 第2章 分子膜になる分子
  • 第3章 ミセルは小宇宙
  • 第4章 分子膜は化学者
  • 第5章 命を包む分子膜
  • 第6章 分子膜の生理機能
  • 第7章 未来医学と分子膜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分子膜ってなんだろう : シャボン玉から細胞膜まで
著作者等 齋藤 勝裕
斎藤 勝裕
書名ヨミ ブンシマク ッテ ナンダロウ : シャボンダマ カラ サイボウマク マデ
シリーズ名 ポピュラー・サイエンス
出版元 裳華房
刊行年月 2003.9
ページ数 121p
大きさ 19cm
ISBN 4785387599
NCID BA63826042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20486771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想