近代アジアと台湾 : 台湾茶業の歴史的展開

河原林直人 著

日本の植民地下にありながら、戦後の台湾人の経済活動を彷彿とさせる、能動的な対外経済活動を展開させた「茶商」を通して近代台湾を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アジアの中の台湾-茶業の勃興(台湾と「外」との関係
  • 台湾茶業の成立 ほか)
  • 第2章 近代台湾の対外経済関係-日本時代における包種茶業の発展(日本の台湾領有と茶業
  • 包種茶と東南アジア ほか)
  • 第3章 茶業を巡る官民の対応(統治者側の茶業関与
  • 茶商の団結と業界再編 ほか)
  • 第4章 包種茶輸出の拡大と茶商-一九三〇年代後半から四〇年代前半の茶貿易(生産者と総督府の協力体制
  • 日中戦争の勃発 ほか)
  • 第5章 台湾茶業の歴史的意義(茶業における官民の関係-「疎遠」から「緊密」へ
  • 台湾人の国際貿易の経験)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代アジアと台湾 : 台湾茶業の歴史的展開
著作者等 河原林 直人
書名ヨミ キンダイ アジア ト タイワン : タイワンチャギョウ ノ レキシテキ テンカイ
書名別名 Kindai ajia to taiwan
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2003.10
ページ数 228p
大きさ 19cm
ISBN 4790710203
NCID BA6381532X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20498647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想