地球環境問題の人類学 : 自然資源へのヒューマンインパクト

池谷和信 編

環境人類学の方法の検討から、森林破壊、砂漠化、稀少動物保護の問題の把握、持続可能な社会実現へ向けてのアプローチまで、第一線の研究者が力を結集し、最新の情報や研究成果を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 地球環境問題への新しい挑戦と文化人類学
  • 1 環境人類学の視座(環境問題に対する3つの生態学
  • 森林への人為的作用の解読法 ほか)
  • 2 森林破壊と地域住民(熱帯林の攪乱と非木材林産物-東南アジアのフタバガキ林と樹脂生産
  • 揺れうごく住民参加の森林政策)
  • 3 「砂漠化」と地域住民(砂漠と文明-「砂漠化」問題に即して
  • 乾燥地域の"社会的病"としての「砂漠化」問題-国際的対応の系譜と課題)
  • 4 危機に瀕する野生動物と地域住民(野生生物の保護政策と地域社会-アジアにおけるチョウとジュゴン
  • 内戦下の自然破壊と地域社会-中部アフリカにおける大型類人猿のブッシュミート取引とNGOの保護活動)
  • 5 ライフスタイルと持続的な資源利用社会の構図(自然エネルギーと地域社会の未来-低エネルギー社会の生き方から
  • 持続可能な発展と循環型社会システム-食、農、環境の視点から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球環境問題の人類学 : 自然資源へのヒューマンインパクト
著作者等 池谷 和信
書名ヨミ チキュウ カンキョウ モンダイ ノ ジンルイガク : シゼン シゲン エノ ヒューマン インパクト
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2003.11
ページ数 343p
大きさ 19cm
ISBN 4790710181
NCID BA63810188
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20500334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想