遊学  2

松岡正剛 著

ピタゴラスからマンディアルグまで、古今東西より選ばれた巨人たち一四二人の消息を、著者自らの体験をまじえ融通無碍に綴った空前の人物譜。六〇〜七〇年代のカルチャーシーンに多大な影響を与えた伝説の総合誌『遊』より生まれた幻の大著。2巻にはユイスマンスからマンディアルグまでを収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 立ち上がった百科聖書群-ジョリス・カルル・ユイスマンス
  • 脳のためのトポロジー-フェリックス・クライン
  • 世界電子主義派-ヘンドリック・アントン・ローレンツ
  • 方法を喚起する民族学-ジェームス・ジョージ・フレイザー
  • ハイエナの錯乱-ジャン=ニコラ=アルチュール・ランボオ
  • 機会と消息のアナキズム-オスカー・ワイルド
  • 宇宙服の中の重力-コンスタンティン・ツィオルコフスキー
  • 量子のゆるい因果律-マックス・プランク
  • ああランマ・サバクタニ-ジュール・ラフォルグ
  • 延長的抽象化をめぐって-アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遊学
著作者等 松岡 正剛
書名ヨミ ユウガク
シリーズ名 中公文庫
巻冊次 2
出版元 中央公論新社
刊行年月 2003.9
ページ数 378p
大きさ 16cm
ISBN 4122042615
NCID BA63786072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20496682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想