とらわれの脳

Bruce S.McEwen, Harold M.Schmeck, Jr. 著 ; 定松美幸 訳 ; 加藤進昌 監訳

[目次]

  • 人質となった脳
  • 性を決める遺伝子
  • 生命の言語
  • ホルモン狂想曲
  • 内部犯行?ストレスは善か悪か
  • 永遠の覚醒は身代金の一つ
  • もう一つの言語-免疫学
  • すべてのものに季節がある
  • 心の解剖学
  • 氏か育ちかそれとも知識か
  • 良い知らせ
  • 悪い知らせ
  • 家宅侵入罪-感染性痴呆
  • 盗まれた理性-アルツハイマー病
  • 老いの原因
  • 気持ちを変えられるだろうか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 とらわれの脳
著作者等 McEwen, Bruce S
McEwen, Bruce S.
Schmeck, Harold M
加藤 進昌
定松 美幸
Schmeck Harold M. Jr.
シュメック
マッキイエン ブルース・S.
書名ヨミ トラワレ ノ ノウ
書名別名 The hostage brain
出版元 学会出版センター
刊行年月 2003.9
ページ数 260p
大きさ 22cm
ISBN 4762230170
NCID BA63784463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20484022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想