場所感の喪失 : 電子メディアが社会的行動に及ぼす影響  上

ジョシュア・メイロウィッツ 著 ; 安川一, 高山啓子, 上谷香陽 訳

いまなおわれわれの感覚、思考、行動を激変させつつある電子メディア。その変容を、ゴフマンのエンカウンター理論とマクルーハンのメディア論を結びつけることで、「場所」感の喪失として鮮やかに分析する。マクルーハン以降のメディア論の代表作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序-行動とそのあるべき場所
  • 第1部 変化のメカニズムとしてのメディア(メディアと行動-失われた環
  • メディア、状況、行動
  • メディアが変化すると役割はなぜ変化するか)
  • 第2部 印刷状況から電子状況へ(公域どうしの融合
  • 公的行動と私的行動の不鮮明化
  • 社会的場所と物理的場所の分離)
  • 第3部 新しい社会風景(新しい集団的アイデンティティ
  • 成長への新しい道
  • 権威への疑念 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 場所感の喪失 : 電子メディアが社会的行動に及ぼす影響
著作者等 Meyrowitz, Joshua
上谷 香陽
安川 一
高山 啓子
メイロウィッツ ジョシュア
書名ヨミ バショカン ノ ソウシツ : デンシ メディア ガ シャカイテキ コウドウ ニ オヨボス エイキョウ
書名別名 No sense of place

Bashokan no soshitsu
巻冊次
出版元 新曜社
刊行年月 2003.8
ページ数 414p
大きさ 20cm
ISBN 4788508699
NCID BA6377039X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20455953
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想