個人情報保護法 : 逐条分析と展望

三宅弘, 小町谷育子 共著

個人情報保護法制定過程での議論を忠実に拾い上げ、解釈の出所をたどれるように工夫した。あわせて今後の解釈と運用のために、残された課題を指摘する。行政機関個人情報保護法の改正、独立行政法人等個人情報保護法についても解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 個人情報保護の基本概念(個人情報保護の概念
  • 個人情報保護の歴史 ほか)
  • 第2部 個人情報保護法の逐条分析(総則
  • 国及び地方公共団体の責務等 ほか)
  • 第3部 行政機関個人情報保護法の改正(行政機関個人情報保護法の改正の経緯
  • 法目的及び定義 ほか)
  • 第4部 独立行政法人等個人情報保護法(法目的、定義等
  • 個人情報の適正な取扱い ほか)
  • 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 個人情報保護法 : 逐条分析と展望
著作者等 三宅 弘
小町谷 育子
書名ヨミ コジン ジョウホウ ホゴホウ : チクジョウ ブンセキ ト テンボウ
書名別名 Kojin joho hogoho
出版元 青林書院
刊行年月 2003.9
ページ数 384p
大きさ 21cm
ISBN 441701342X
NCID BA63745916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20975016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想