患者満足度 : コミュニケーションと受療行動のダイナミズム

前田泉, 徳田茂二 著

「患者中心の医療」を実践するにあたって、「患者満足度」を"医療の質"と"経営の質"の双方の媒介項となるアウトカム指標としてきわめて有用であることを具体的なデータをもとに整理した。患者満足度調査の調査手法や分析手法についても体系的に整理して、実施するさいの簡単な手引きとしてもらえるようなテクニカルな内容もカバーした。さらに、医師が自らの診療サービスを客観的なアウトカム指標で評価することによって、メディカル・プロフェッショナルとしての本来の「実力、腕」を明確にし、それをよりどころとして新しい医療の道を進むにはどうしたらいいかという点も考察した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 対話で患者をよべ!
  • 第2章 科学的な医療経営
  • 第3章 患者中心の医療
  • 第4章 患者満足度とは何か
  • 第5章 受療行動のダイナミズム
  • 第6章 コミュニケーションを科学する
  • 第7章 患者満足度調査の実際
  • 第8章 医師と患者の新しい姿

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 患者満足度 : コミュニケーションと受療行動のダイナミズム
著作者等 前田 泉
徳田 茂二
書名ヨミ カンジャ マンゾクド : コミュニケーション ト ジュリョウ コウドウ ノ ダイナミズム
出版元 日本評論社
刊行年月 2003.9
ページ数 168p
大きさ 21cm
ISBN 4535982279
NCID BA6373718X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20478494
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想