梅原猛著作集  18 (神々の冒険)

梅原猛 著

天皇家の"ふるさと"大胆推理紀行。日向神話と神武東征の真実を検証。混迷の現代への提言「仏教の授業」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天皇家の"ふるさと"日向をゆく(日向神話のタブーに挑む
  • 高千穂論争、私はこう考える
  • 神代の国際都市・高千穂を歩く ほか)
  • 神々が語る日本史(神々が語る日本史
  • 二つの神々の流竄-伊勢と出雲
  • サルタヒコとは誰か)
  • 仏教の授業(なぜ宗教が必要なのだろうか
  • すべての文明には宗教がある
  • 釈迦の人生と思想を考える ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 梅原猛著作集
著作者等 梅原 猛
書名ヨミ ウメハラ タケシ チョサクシュウ
書名別名 神々の冒険

Umehara takeshi chosakushu
巻冊次 18 (神々の冒険)
出版元 小学館
刊行年月 2003.10
ページ数 461p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 409677118X
NCID BA6372266X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20486779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
梅原哲学と神々の出会い 千田稔
理想的な祖父の役割 ひろさちや
解説 梅原 猛
解題 梅山秀幸
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想