物と眼 : 明治文学論集

ジャン=ジャック・オリガス 著

漱石、鴎外、子規、蘆花の作品、また逍遙、二葉亭らの模索は、ほぼ時を同じくして成立したヨーロッパ近代の文学地平と比してどのように重なり、またどのように役立つのか。テキストに密着した精細な分析を積み重ねて、次いで世界的な視野に立ち、ゆれ動くこの達成をあざやかな俯瞰とともに提示する。ヨーロッパ文学を自らのものとして味読し、知悉した著者ならではの、草創期の日本近代文学の活力を複眼的に読み込んで画期をなす評論を収めた遺稿集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 物と眼-若き鴎外の文体について
  • 「蜘蛛手」の街-漱石初期作品の一断面
  • 夜の中の数字-小説に現われた科学研究の場とその作業の描写
  • 「写す」ということ-近代文学の成立と小説論
  • 写生の味-子規と日本美術の伝統意識
  • 遠いものと近いものと-正岡子規の現実意識
  • 時間の解体、時間の結晶-『自然と人生』に関する考察
  • フランスにおける日本語教育概観
  • 同志の人ジャン=ジャック・オリガスを偲ぶ-「あとがき」にかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物と眼 : 明治文学論集
著作者等 Origas, Jean-Jacques
Origas Jean‐Jaeques
オリガス ジャン=ジャック
書名ヨミ モノ ト メ : メイジ ブンガク ロンシュウ
書名別名 Mono to me
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.9
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 4000252941
NCID BA63720380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20487784
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想