古いメディアが新しかった時 : 19世紀末社会と電気テクノロジー

キャロリン・マーヴィン 著 ; 吉見俊哉, 水越伸, 伊藤昌亮 訳

19世紀後半の「電気の時代」、人々がテクノロジーに抱いた夢とは?電灯、電信、電話、ラジオなどの"新しい"メディアをめぐる騒動とその意外な使われ方のなかに、現代のニューメディア状況を逆照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 専門家を発明する-社会的通貨としての技術リテラシー(電気技術のテクスト共同体
  • インサイダーとアウトサイダー ほか)
  • 第2章 共同体と階級秩序-家庭と地域における変化(コミュニケーション・ネットワークとしての家庭と家族-身内の親密さの境界
  • 緊張感と信頼感-アンバランスな感覚と階級意識)
  • 第3章 身体としての電気-競合する権威と電気的時空(身体的な経験という権威
  • 電気的に変貌する身体)
  • 第4章 眩惑される大衆-メディア・スペクタクルの起源(拡張された対話
  • 拡張されたスペクタクル ほか)
  • 第5章 空間、時間、差異の制圧-文化的均質化の実験(メディアの自己中心的宇宙
  • 未来を実現する)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古いメディアが新しかった時 : 19世紀末社会と電気テクノロジー
著作者等 Marvin, Carolyn
伊藤 昌亮
吉見 俊哉
水越 伸
マーヴィン キャロリン
書名ヨミ フルイ メディア ガ アタラシカッタ トキ : 19セイキマツ シャカイ ト デンキ テクノロジー
書名別名 When old technologies were new

Furui media ga atarashikatta toki
出版元 新曜社
刊行年月 2003.8
ページ数 509p
大きさ 20cm
ISBN 4788508680
NCID BA63693404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20472632
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想