近世兼好伝集成

川平敏文 編注

『徒然草』大流行の中でさかんに語られた兼好の伝記。実はそれらは偽の記録をもとに作りだされたものだった。好色法師からまことしき隠者へ、また南朝の忠臣へ-兼好像の変容を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 種生伝-元禄七年跋、正徳二年刊(篠田厚敬)
  • 兼好諸国物語-宝永三年刊(閑寿)
  • 奈良比野岡-享保十二年刊(利微)
  • 兼好法師伝記考証-天保七年刊(野之口隆正)
  • 参考資料 『園太暦』偽文

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世兼好伝集成
著作者等 川平 敏文
篠田 厚敬
野之口 隆正
利微
閑寿
書名ヨミ キンセイ ケンコウ デン シュウセイ
書名別名 Kinsei kenko den shusei
シリーズ名 東洋文庫
出版元 平凡社
刊行年月 2003.9
ページ数 414p
大きさ 18cm
ISBN 4582807194
NCID BA6369249X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20517035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
兼好法師伝記考証 野之口隆正
兼好諸国物語 閑寿
奈良比野岡 利微
種生伝 篠田 厚敬
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想