鏡の文化史

サビーヌ・メルシオール=ボネ 著 ; 竹中のぞみ 訳

人はどのようにして自分の姿と向き合ってきたか。古代から現在までの西洋における鏡と人間との関わりを心性史の視点から描く。金属製の鏡の起源からガラス製鏡の普及にいたる技術史に始まり、神話や聖書、文学作品、宗教的・哲学的著作、古文書、絵画や版画の図像学など豊富な資料を分析して鏡の不思議な力=鏡のもつ両義性を解き明かし、鏡をめぐる人々の感性と生活像を多彩に映し出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 鏡とその普及(ヴェネツィアの秘密
  • 王立ガラス・鏡製造工場
  • 贅沢品から必需品へ)
  • 第2部 類似の魔法(神の似姿として
  • 模倣の勝利
  • 自己考察のための自己直視)
  • 第3部 無気味な奇妙さ(悪魔のしかめ面
  • 斜めの=横目の鏡と、鏡の策略
  • 鏡の破片=輝き)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鏡の文化史
著作者等 Melchior-Bonnet, Sabine
竹中 のぞみ
Melchior‐Bonnet Sabine
メルシオール=ボネ サビーヌ
書名ヨミ カガミ ノ ブンカシ
書名別名 Histoire du miroir

Kagami no bunkashi
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2003.9
ページ数 300, 26p
大きさ 20cm
ISBN 4588022113
NCID BA63676675
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20529916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想