生化学,生理学からみた骨格筋に対するトレーニング効果

山田茂, 福永哲夫 編著

近年、生理学の分野においては筋力発揮のさまざまな測定手法が考案され研究が進められている。また、生化学の分野でも収縮装置やエネルギー産生装置の部品識別の手法が開発され、数多くの研究報告がなされている。そこで、本書では、筋活動(トレーニング)に伴って変化する筋力の発揮の効果を主眼に、それに伴って変化する収縮装置やエネルギー産生装置の変化について総合的、系統的にまとめ、スポーツ科学の日進月歩の成果をわかりやすく紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヒト骨格筋の筋力とトレーニング-筋線維動態から関節の動きまで
  • トレーニングと骨格筋肥大
  • トレーニングと骨格筋肥大機構
  • トレーニングと骨格筋筋小胞体(情報伝達含む)
  • トレーニングと骨格筋でのエネルギー源の変化(リン酸化合物、ミトコンドリアの変化
  • 糖質代謝の変化
  • 脂質代謝の変化
  • タンパク質・アミノ酸代謝の変化)
  • トレーニングとストレスタンパク質
  • 骨格筋とドーピング
  • トレーニングと筋の障害

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生化学,生理学からみた骨格筋に対するトレーニング効果
著作者等 山田 茂
福永 哲夫
書名ヨミ セイカガク セイリガク カラ ミタ コッカクキン ニ タイスル トレーニング コウカ
書名別名 Seikagaku seirigaku kara mita kokkakukin ni taisuru toreningu koka
出版元 ナップ
刊行年月 2003.8
版表示 第2版.
ページ数 198p
大きさ 21cm
ISBN 4931411355
NCID BA63674319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20594788
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想