臨床心理査定学

岡堂哲雄 編

本書は、臨床心理士養成を目的とする大学院臨床心理学研究科、臨床心理学専攻の必修科目「臨床心理査定演習」の基本的テキストとして、また「臨床心理基礎実習」「臨床心理実習」における臨床心理査定の実際に役立つことを目指して構成されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 臨床心理査定総論(臨床心理査定の理論モデル
  • 心理テストと臨床心理査定 ほか)
  • 第2章 心理機能水準論(心理臨床にとっての異常心理学の意味
  • 異常心理学のアウトライン ほか)
  • 第3章 面接・観察査定論(面接・観察の方法論
  • 観察査定 ほか)
  • 第4章 心理テスト査定論(臨床心理査定用具としての心理テスト
  • 心理テストの理論的基盤 ほか)
  • 第5章 臨床心理査定事例研究(事例1:L(非行・犯罪)
  • 事例2:Y(シンナー常用) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床心理査定学
著作者等 岡堂 哲雄
書名ヨミ リンショウ シンリ サテイガク
書名別名 Rinsho shinri sateigaku
シリーズ名 臨床心理学全書 / 大塚義孝 ほか監修 第2巻
出版元 誠信書房
刊行年月 2003.9
ページ数 390p
大きさ 26cm
ISBN 4414413222
NCID BA63672572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20467182
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想